お知らせ

2019-02-13 16:10:00

運気を高めて幸せになるSMC行動医学 〜「上弦の月」の日のお作法〜

2月13日の今日は朝7時ごろ、東の空に右半分のお月様が顔を出します。
それから南を通過して西に向かうお月様が見られます。
弓を張った弦の部分が上を向いたような月の形で上弦の月と言います。
 
上弦の月.png
 
日本には昔から水回りをいつもきれいにして水神様をお祀りする習慣がありました。
 
SMC行動医学では運気を高めて幸せ力をアップする方法として、上弦の月の日に、お家の排水溝にお砂糖を撒くことをお勧めしています。
排水溝は、家の中の浴室・トイレ・洗面所、また敷地内の下水溝や池など、排水が流れていくところはどこも対象になります。
 
汚水が流れる所や淀んだ水たまり場にはマイナスのエネルギーがたくさんあります。砂糖の量に決まりはありませんが小皿1杯程度を毎月上弦の月の日にまくとで良いでしょう。お砂糖はゆっくり溶けるザラメがお薦めです。
 
 
数日前にあった奇跡のお話をお寄せ頂きました。
 
〈 体験談 〉
「4歳になる孫が言葉を喋らないので心配している。どうしたものかな~」とお婆さんから相談を受けたSMC行動医学研究員がとっさの閃きで「あくまでも対処療法ですが、お家内のお風呂場などの排水溝にお砂糖をまいてみてください」とアドバイスしました。
 
お婆さんが早速試してみると、今まで喋らなかったお孫さんの言語障害が改善して喋った・・・と大そうお喜びになりたくさんのお礼の品を持ってご報告に来られたのだそうです。
 
住まいの水回りも人の体内のお水も同じですね。
水回りを綺麗にする意識と行動が命の源である水のエネルギーに伝わり、うまく循環することで自然(地球)と調和した身体が正常にはたらくよう元気に生きる力を頂けたという御利益がお孫様に。
そして喜びのおすそ分け頂いた研究員のほっこり幸せな体験談でした。
 
研究員 新井

2019-02-10 11:18:00

タオライアーの調べの中で♬ 〜 SMC行動医学セミナー in 八女

SMC行動医学の勉強会は、月に2回、八女で開催されています。
創始者・古園井重敏先生による直伝の勉強会です。
 
先日2月9日の様子をレポートしてみたいと思います。
この日は、イスが足りなくなるほど、たくさんの研究員が集まりました。
o1080081014353514548.jpg
 
古園井先生のお話は、半分がスピリチュアル、半分が肉体のための医学です。
魂や霊などのスピリチュアル性も重要ですが、私たちには肉体や意識、三次元での生活があるので、それらを両立するためのエネルギーの作り方を教えてくださっています。
やがて、それらが調和した時、私たちの命に活力が加わり『生命力』が溢れてくるのです。

 

この日は、一緒に勉強している研究員のお二人が、手彫りで作ったタオライアーSMC行動医学の波動を乗せて演奏をしてくださいました。
S__102203394.jpg
静かな空間の中に、お二人で織り成す弦の響きが何層にも重なって、素晴らしい波動になりました。
 
勉強会の最後には、一人、一人のお腹の上で、心を込めたご演奏。
筆者も初めての経験でしたが、これは本当に素晴らしく感動しました。
o1080081014353514538.jpg
 
タオライアーの音と波動は全細胞に行き渡り、自分の中の小宇宙がどんどん深く広がっていく感じでした。
o1080081014353535218.jpg
 
手彫りであるがゆえに、演奏者のもつ個性や能力によっても、音と波動が変わっていきます。
 
SMC行動医学の波動を持った人が演奏することで、より意味を込めた素晴らしい旋律へと変化していきます。
 
 
先日、古園井先生がお誕生日を迎えられましたが、その日には、お二人でタオライアーの演奏をプレゼントされたのだそうです。
 
こちらが演奏前の様子。
IMG_3413.JPG
 
こちらは演奏後の様子です。
IMG_3414.JPG
演奏が終わると、その場の雰囲気が一気に明るくなり波動が変わったのだそうです。先生も大変喜んでおられました。
 
 
タオライアーとSMC行動医学を繋いでくださったお二人に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
このようなさまざまな活動を通じ、各研究員のアイデアを折り重ねていくことで、SMC行動医学の波動が更に倍増していき、相乗効果をもたらしていくのだということを深く実感したひと時でした。
 
研究員それぞれの活動をお互いに認め合い、受け入れ合いながら、皆で高め合うことで、世の中に役立つSMC行動医学に、更に進化していく様子を夢見て止まない、素晴らしい勉強会でした。
 
ありがとうございました。
 
 
研究員Y

2019-01-01 03:40:00

謹賀新年 2019年 元旦

新年おめでとうございます


よき新春をお迎えのことと存じます。

今年も魂の信号を受け取り、地球に役立つエコ人間になるよう精進して行きましょう。

思いやり、気づかい、畏敬の念を忘れずに「日々行動医学」で必ず結果が出ます。

皆様にとって、幸多き一年になりますようお祈り申し上げます。


平成31年 元旦
SMC行動医学研究所 古園井重敏

初日出.jpg

2018-12-05 18:06:00

二上神社での体験記 〜 研究員投稿

SMC行動医学療法を勉強しているメンバーによる二上神社』での体験記です。 

 

ーーーーーーー
(1)‘いざない’の二上神社
 
(2)続編 ‘いざない’の二上神社
 
(3)二上神社にて感じたこと・思ったこと
 
(4)高千穂の旅とレイライン
ーーーーーーー
 
 

⭐️二上神社オフィシャルホームページ

https://www.hutagami.com

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方2375ー1 
 
 

2018-12-05 17:30:00

(1)‘いざない’の二上神社 〜 研究員投稿

高千穂の旅をされた古園井先生から二上神社の住所を聞かれたことをふと思い出し、高千穂神社に問い合わせると普段は二上神社常勤の宮司様がおられると聞き、偶然にもお話する機会に出会えました。

 

これは行かねば・・・!その二日後、高千穂に向かいました。

 

国道から二上神社までおよそ4㎞。

 

案内図を意識しながら狭い山道をゆっくり進みますが、道は荒れて次第に離合も出来ない細く急な山道となり、疑問に思うと初めの地点から8㎞も先を進んでいました。

 

慌てて引き返すと工事関係者の人に「ここから約1㎞先に二上神社の案内があるからそこから左に入りなさい。

 

その道は車を一度切り返さないと入れないから気を付けて。」と教えてくださいました。

 

すると分岐の入り口に小さく二上神社の文字がありました。

 

そしてその道に入った瞬間、唖然としました。予想以上に道幅が狭かったのです。

 

左手は草木が垂れる土手、ガードの無い右側は崖。車一台がやっと通れる道に、皆ここを通っているのだろうかと不安と恐怖の中、時速10キロ程度の超低速で進むことおよそ2㎞。

 

ようやく集落が見えてさらに道が二手に分かれていました。

 

ちょうどそこに犬を連れた親子に遭い、道を尋ねると「よくあの道を通って来られましたね。私でもあの道は通りたくないですよ。」と驚いたような表情で、「二上神社へは右の道をお進みください。帰るときは来た道より広い別の道を案内しますからご安心ください。」ご親切な案内のお陰でその先は山中を迷わずに行けました。

 

けれど道幅の狭く険しい道は続き、なかなか辿りつきません。2㎞ほど進みやっとの思いで二上神社に到着しました。

 

 

静寂さと澄んだ空気の中、サワサワと流れる水の音が耳に飛び込んできました。

 

先生からお聞きしたあの湧き水の音でした。

 

 

〈神様のお作法〉

宮司様と禰宜の奥様には、予定時刻を大幅に過ぎたことでご心配をおかけしたにも関わらず、温かくお迎えくださいました。

 

早速、社殿にてご祈祷が始まる中、急に拝殿の灯りがパッと消えて薄暗い感じになりました。「おや?何だろう」と同時にハッ!としました。初めにしておくべきお作法を忘れていたのを思い出しました。

 

1.左上腕部に八角形の中にマイナス822をイメージ。

 スクリーンショット 2018-12-05 17.38.32.png

 

2.へそ・みぞおちにマイナス999(-999)をイメージ。

 

3.そして、天孫降臨の神社には特別なお作法がありますが『胸にリングをイメージし、両手を重ね合わせ手の甲をさする。』を行いました。

すると、不思議なことに灯りが点いたのでした。

 

 

〈神なびの御言葉〉

ご祈祷が終わると宮司様から境内をご案内頂き、奥様から「来られた時からお水の事を話されていたので、この歌が思い浮かびました。」と、寄り添うように描かれたご神木のイチョウの葉を挿絵にした和紙に即興で筆をお執りになり御言葉を頂きました。

 

7.jpg

↑ 挿絵は奥様の友人がお書きになられたものだそうです

 

 

宮司様ご夫妻の温かいおもてなしと二上山から戴くたくさんの生命のエネルギーに感動しつつ、帰りには、御神水(荒瀬川の湧き水)を先生とSMC行動医学研究員分をボトルに詰め頂いて帰りました。

 

 

 

**二上神社参拝のルートについて**

 

ここで予め皆様に、二上神社までのルートについて誤解なきよう補足ご説明をさせていただきます。

当時、私はせっかく工事現場の方に道を教えていただいたにも関わらず誤って別の一般に通行しない農道に入り込んでしまいました。

元々、深い山奥にある神社で、道の数ヶ所が台風や大雨による落石や損傷した道路の補修工事が行われておりましたが、それに伴い、“う回路や安全に通行できる道順などの看板や案内板が等間隔に設置され、通常は安心して通行できる道となっております。

 

 

SMC行動医学研究員 新井

 

次の記事へ

 

 

1 2 3 4